不眠解消

sample

セロトニンの分泌を整えれば睡眠はそのままでも体調はよくなる



寝不足っていう訳ではないのだけれど、なんとなく日中ダルいことが続いていました。

「夜遅くまで起きているからだよ」って言われるのはわかるけど、うちの会社がフレックス制なので、朝起きるのも遅くていいのです。

だから睡眠時間としては6時間以上はとっているし、問題ないはずなのに体がだるいのがつづいていました。

そこで、病院に相談したら「睡眠時間が十分でも、体内時計が狂っているからだよ」って言われました。

「そんなこと言われても、いまさら生活習慣を変えるのも難しい。そもそも朝がゆっくりだから夜遅くまで起きているのだから、それを変えろって言われても困る。」と先生に相談しました。

そこで、「とにかく朝起きたら朝日を浴びなさい。」と先生に言われました。そうすることでセロトニンが分泌されるから、体内時計か整ってくるというのです。

そんなことで、本当に改善するのかと思ったのですが、特にお金がかかる訳でもないし、試しにやってみました。

そして1週間もすると、日中ダルいのが消えてきたのです。「体内時計、恐るべし。」と思いました。

参考セロトニン情報

セロトニンを増やすのであれば、まずは太陽の光をどれだけ上手く活用することができるかにかかっていると言っても良いぐらいです。太陽の光を浴びるとなると、どこか特別な対策をしないといけないようなイメージもあるかもしれませんが、実はそんなことはありません。特に難しいスキルなどは不要で、シンプルに考えてみれば良いだけなのです。では、太陽の光を浴びてセロトニンを増やす方法についてお話します。(引用:http://セロトニンサプリ.asia/

セロトニンをたくさん出して睡眠不足を解消



半年ほど前から不眠に悩まされていました。

疲れているはずなのに眠れないのはなかなか辛いです。

何とかしようと思い、いろいろと調べて見ました。

すると、セロトニンというものが関係していることがわかりました。

セロトニンが不足するとメラトニンが不足するみたいなのですが、メラトニンが睡眠をコントロールしているようなのです。

セロトニンを増やすには朝日を浴びることが大切だとわかりました。

また、ストレスを溜めないようにした方かいいことも分かりました。

すぐに調べたことを実践しました。

朝起きたらカーテンを開けて朝日を浴びます。

ストレスを溜めないように仕事を早めに切り上げたり、趣味の時間を増やしたりしました。

すると、徐々に寝付きが良くなっていきました。

最近は睡眠が足りているようで、疲れを残さず朝を迎えられています。

セロトニンは幸せホルモンとも言われています。 幸福を感じるとセロトニンがたくさん出るようです。 セロトニンがたくさん出るような生活を心がけて、睡眠不足にならないように努めたいと思います。

参考:不眠解消の情報

症状が重いようなら、「睡眠薬」、「睡眠導入薬」が処方されることになります。しかし、睡眠薬や睡眠導入薬を飲んで眠れるのは、当然で根本的な、解決ではありません。できれば、生活の中で、【生活態度】、【生活環境】、【食生活】などを見直すことで、「薬」に頼らなくても、「不眠」を解消したいものです。(引用:http://不眠解消サプリ.net/

 

新着情報